ユーザーのプロフィールをまとめてアップデートする

管理者は組織や組織下のグループのメンバーページからユーザーのプロフィールをアップデートすることができます。ユーザーのプロフィールは、受講者をコースへ登録するときと同じようにExcelをアップロードすることで大人数のプロフィールをまとめてアップデートすることが可能です。

例えば、組織内50名のユーザーのプロフィール項目「所属部署」を新規追加又は変更する場合、ユーザーの「姓」、「名」、「メールアドレス」はそのまま変えず、所属部署が変更あるいは新規追加されたExcelファイルをアップロードします。

補足①: Excelを使ったプロフィール項目のアップデートはExcelに記載された受講者のメールアドレスを軸に受講者が識別され、メールアドレス以外のプロフィール項目をアップデートすることが可能です。そのためメールアドレスのアップデートはExcelを使った方法ではなく、『ユーザーのプロフィールを一人ずつアップデートする』の方法で一人ずつアップデートをしてください。

補足②: ユーザーのパスワードはExcelをアップロードしてまとめてアップデート(変更)することはできません。パスワードを変更される際は『ユーザーのプロフィールを一人ずつアップデートする』の方法で一人ずつ変更をしてください。

補足③: 1つのExcelファイルからアップデートすることができるユーザーは20,000行までとなります。20,000行を超えるユーザーをExcelでアップデートする場合は、Excelを複数に分けてアップロードしてください。

受講者のプロフィールをまとめてアップデートするには、以下をご参照ください。

1. 左のサイドナビゲーションからメンバーをクリックしてください。
2. 右上の受講者を追加をクリックしてください。

3. Excelをアップロードをクリックしてください。

4. Excelをアップロードをクリックし、アップロードするExcelシートを選択してください。

<アップロードするExcelの記入例 1>

<アップロードするExcelの記入例 2>

※プロフィールに「複数の情報」のプロフィール形式が含まれている場合は、同一ユーザーを複数の行に記入し、「複数の情報」で使用している項目のみ、各行で違う情報を記入します。

下記の例では、「資格」が「複数の情報」をもつプロフィール項目となっており、「スコア・級」「取得年」は「資格」の項目内に含まれる項目となります。「姓」「名」「メールアドレス」など「資格」以外の項目は同一ユーザーの行で同じ情報が記入されており、「資格」「スコア・級」「取得年」は各行で異なる情報が記入されております。

5. Excelに記載されているアップロードに必須の項目(姓・名・メールアドレス)および、研修プラットフォームに登録がされているプロフィール項目と一致する項目は自動的に紐付けがされます。姓・名・メールアドレスおよび登録されているプロフィール項目以外の項目がExcelに記載されている場合は、該当する項目名を選択してくださいとあるプルダウンを利用して紐付けます。また【一行目に列見出しが設定されている】のチェックボックスからからチェックを外すと、Excelの1行目のセルはヘッダーとして認識されなくなります。1行目を列見出しとしている場合は、チェックをつけた状態で作業を進めてください。さらに【通知メールの言語を選択】のプルダウンから、受講者が新規登録された際に受け取る本登録案内メールの言語を選択することができます。
6. アップロードに必要なデータがすべて正しく紐付けられると、次へボタンをクリックすることができます。クリックした後、確認をクリックして完了です。