特定のコースへ受講者をまとめて登録する

受講者の情報が記載されたExcelをアップロードすることで大人数の受講者をまとめてコースへ登録することができます。Excelを使って受講者を登録するには、登録したいコースを開き、下記の手順に従ってください。

1. 受講者を登録したいコースを選び、サイドナビゲーションのメンバーをクリックしてください。
2. 右上のメンバーを追加をクリックしてください。

3. Excelをアップロードをクリックしてください。

4. Excelをアップロードをクリックし、アップロードするExcelシートを選択してください。

<アップロードするExcelの記入例>

5. Excelに記載されているアップロードに必須の項目(姓・名・メールアドレス)と一致する項目は自動的に紐付けがされます。姓・名・メールアドレス以外の項目がExcelに記載されている場合は、該当する項目名を選択してくださいとあるプルダウンから該当する項目を選択して紐付けます。また【一行目に列見出しが設定されている】のチェックボックスからからチェックを外すと、Excelの1行目のセルはヘッダーとして認識されなくなります。1行目を列見出しとしている場合は、チェックをつけた状態で作業を進めてください。さらに【通知メールの言語を選択】のプルダウンから、受講者が新規登録された際に受け取る本登録案内メールの言語を選択することができます。
6. アップロードに必要なデータがすべて正しく紐付けられると、次へボタンをクリックすることができます。クリックした後、確認をクリックして完了です。

補足①: お知らせメールを送るにチェックが入っている場合、コースに登録された受講者は、お知らせメールを受け取ることでコースに登録されたことを知ることができます。お知らせメールの送信を希望しない場合は、チェックを外してください。

補足②: 研修プラットフォームに登録がされていない新規ユーザーをコースの受講者に登録する際、登録する新規ユーザーには任意で仮パスワードを設定することができます。仮パスワードを設定する場合は、アップロードをするExcelにパスワードの列を作り、パスワードをそれぞれの受講者の行に記載の上、アップロードをしてください。仮パスワードが設定されたユーザーのアカウントは自動的に本登録がされるため、本登録案内メールは送信されません(仮パスワードが設定されていない新規ユーザーには本登録案内メールが届き、メールの案内に従ってユーザー自身で本登録をします)。仮パスワードを設定した場合は、ユーザーへ仮パスワードの伝達を忘れずに行ってください。

補足③: コースのメンバー登録ページからは、受講者の任意のプロフィール項目(姓、名、メールアドレス以外)は登録することができません。任意のプロフィール項目を登録するためには、組織、あるいは組織下の各グループのメンバーページから登録をしてください。

補足④: 指導者の場合は、その指導者が登録されているグループ内にあるコースに限り、Excelアップロードによる受講者の一括登録が可能です。