組織内の機能を有効化/無効化する

組織内のいくつかの機能は自由に有効/無効を設定することができます。ご利用用途に合わせて設定を変えることで、プラットフォーム内の機能を最適な形で使用することができます。組織管理者が組織レベルで行った設定は、その下の階層のグループに対しても反映されます。

機能の有効/無効を設定するには、以下の手順に従ってください。

1. 左側のサイドナビゲーションから設定を選択しクリックします。
2. カスタマイズをクリックします。
3. 有効にしたい機能にはチェックボックスにチェックを入れます。無効にしたい機能にはチェックボックスのチェックを外します。
4. 保存をクリックして設定を保存します。

グループを有効にする: チェックを入れると組織の下にグループ(サブ組織)を作成することができます。すでにグループが作成されている場合は自動的に有効になります。

メッセージを有効にする: メッセージ機能を有効します。トップナビゲーションのユーザー名をクリック、あるいは各コースのページにメッセージの文字が表示され、管理者や指導者から受講者にメッセージを送ることができます。

コースアクセスコードを有効にする: 受講者がコースに参加するために使えるアクセスコードの発行を有効にします。コースの「メンバーを追加」ページにアクセスコード発行ボタンが表示され、受講者は「受講コース」ページのコースに参加からコードを入力し、コースに参加することができます。

受講者に姓・名・メールアドレスの変更を許可する: チェックを入れると受講者が「設定」ページから登録されている「姓」「名」「メールアドレス」を自分で変更することができます。