ユーザーを組織からまとめて除外する

管理者は組織のメンバーページからExcelをアップロードすることで大人数のユーザーをまとめて組織から削除することができます。また、組織下のグループのメンバーページからExcelをアップロードすることで大人数のユーザーをまとめてグループから除外することもできます。

ユーザーを組織からまとめて削除する

ユーザーを組織からまとめて削除するには、以下の手順で操作を進めてください。

組織のメンバーページからExcelをアップロードしてユーザーのアカウントを削除した場合、アカウントの組織からの削除と同時に、受講履歴やプロフィールデータを含む全てのユーザーデータが削除され、復元する事ができなくなります。

1. 組織のページを開き、左側のサイドナビゲーションからメンバーを選択してください。
2. 右上の縦に3つ点が並んでいるアイコンをクリックし、ユーザーを削除をクリックしてください。

3. ここにファイルをドロップまたはファイルを選択のエリアにExcelをドラッグ&ドロップをするか、ファイルを選択からアップロードするExcelファイルを選択してください。

<アップロードするExcelの記入例>

4. Excel内の情報が含まれている最初の列が自動的に削除対象のログインIDが記載されている列として紐付けがされます。【一行目に列見出しが設定されている】のチェックボックスからチェックを外すと、Excelの1行目のセルはヘッダーとして認識されなくなります。1行目を列見出しとしている場合は、チェックをつけた状態で作業を進めてください。
5. ログインIDを確認したら、次へボタンをクリックしてください。

6. 確認をクリックしてください。
7. もし前のページに戻って再度データの確認をする場合は戻るを、Excelファイルのアップロード画面まで戻る場合はリセットをクリックしてください。

8. アップロードが完了したら、その結果を確認することができます。

ユーザーをグループからまとめて除外する

ユーザーを特定のグループからまとめて除外するには、以下の手順に従ってください。

ユーザーをグループから除外した場合であっても、そのユーザーが他グループのメンバーにも登録されている場合、そのユーザーのアカウントは引き続き他グループには登録されている状態となります。

1. ユーザーを除外するグループのページを開き、左側のサイドナビゲーションからメンバーを選択してください。
2. 右上の縦に3つ点が並んでいるアイコンをクリックし、ユーザーを除外をクリックしてください。

3. 以降の手順につきましては、上記のユーザーを組織からまとめて削除する場合の手順と同じです。